プレイマットとは


プレイマットというのは、簡単に言うと、赤ちゃんのためのスペースに敷くマットのことを言います。

このプレイマットは、大きく2つのタイプに分けられます。赤ちゃんが転がっても痛くないよう配慮されてつくられている…というのは共通していますが、ただ単に、カーペットのようなフローリングや畳の上に敷くだけのシンプルなプレイマットと、オモチャなどの仕掛けが付いているプレイマットの2種類です。メーカーやブランドによっては、仕掛けのあるプレイマットを、プレイジム、またはプレイジムマットを称しているところもあります。

プレイマットは、赤ちゃんの肌にも優しい、柔らかい布製のものが一般的です。各家庭によって様々ですが、ずっとプレイマットを敷きっぱなしのところもあれば、赤ちゃんが使用する時のみ敷いているところもあります。布製で簡単に折りたたむことができるので、必要な時だけ敷く…ということも簡単にできますし、例えば、実家へ帰省する時などでも、簡単にプレイマットを持ち運ぶことができてとても便利ですよね。

ちなみに、様々なオモチャがついたプレイジムは、イスラエルの赤ちゃん用知育玩具メーカーが考案したものなのだそうです。プレイジムがイスラエルで誕生したことを意外に思われる方も多いかと思いますが、実はイスラエルという国は、乳児の発達研究・発育研究をとても熱心に行っているのだそうです。白黒絵本(幼児心理学を基に開発された、新生児の発達に高い効果をもたらすことができる、白黒理論の絵本のことで、白と黒しか色のないありません。最近は、これに赤が加わった白黒赤絵本が主流となっています)の研究も、このイスラエルでは早くから行われてきたのだそうです。これまでに培ってきた様々な発達研究のノウハウは、プレイジムを始め、様々なオモチャつくりにも活かされているんですね。

また、オモチャによる仕掛けなどのないプレイマットにも様々な種類があります。柔らかい布製で、かつ分厚くなっているものがほとんどですが、最近は、およそ1cmほどの厚みがあるクッション材を使用したプレイマットも人気です。このタイプのプレイマットは、1枚の大きなプレイマットを購入するのではなくて、1枚は小さいマットですが、それを好きなだけ自由にパズルのように組み合わせることができるので、部屋の広さや、赤ちゃんの遊びスペースなどに合わせて、必要な分だけ購入すれば良いので非常に便利です。色も何色か揃っているものも多いので、部屋のインテリア等に合わせて色を選ぶこともできますし、また落ちない汚れが付いてしまった場合でも、その部分だけを取り替えることができるのも良いですよね。厚みがあるので、万が一、赤ちゃんが転んでしまった場合でも、思い切りフローリングなどに頭をぶつける心配がありませんし、それに転倒による衝撃を緩和することができますから、アパートやマンションなど、階下へ響く物音を抑えることもできます。もちろん、赤ちゃんが固めのオモチャを投げつけた時も、そのプレイマットの上であれば、音が響くことがありません。更に、断熱材としての働きも期待できるので、部屋のエアコンの効果を高めることもできますよ。赤ちゃんが大きくなり、プレイマットが不要となった場合でも、例えば家具の下に敷けば、フローリングに傷がつくのを防ぐことができますし、いろいろ使い道があるのは良いですよね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。